トップページへ
Home サイトマップ
ブロック長ご挨拶 提供調査紹介 活動紹介 個人情報保護方針

■調査事例集■

様々な調査の事例をご紹介致します。
調査とは1つとして同じ内容の調査はなく浮気調査ひとつとってみても 同じ調査結果はありません。過去に発生した調査事例をご紹介致します。

雇用時の調査−依頼者の求める調査内容
誰が誰を盗聴してるのかわからない、ナゾの盗聴器 〜盗聴器発見〜
「昼下がりの情事」はバレにくい?
ハウスキーパーにご用心! 〜証拠収集調査〜
美しいバラにはトゲがある 〜浮気・不倫調査〜

雇用時の調査*依頼者の求める調査内容

【依頼】
 クライアント C株式会社人事部採用課の課長。
 「中途採用予定枠10吊のところを15吊の候補者に絞り込んだが、だれを落とすか迷っている。
 調査して問題のある者を報告してほしい《
 私たちの報告によっては人生が180度変わる人が出てくるわけで、「因果な商売だなあ《とつくづく感じる調査である。
 その面接者の中で、採用課長が望むとおり、問題のある人物が何人かいた。

【調査項目】
 どこから手をつけるかというと、まず、履歴書にある事項を中心に調査する。
 初めに、学歴に詐称がないかどうか。私が実際に調査した中で、東大とおおぼらを吹いていた人もいた。年は確か50歳ぐらいの人だった。いい年をしてばれないと思ったのか、それとも調べられないとタカをくくっていたのか。もちろん、報告を受けた会社側はあきれ顔だった。
 学歴詐称は驚くほど多い。一位は大学。二位は専門学校。学歴偏重の社会なので、自分をよく見せたい気持ちは理解できるが……。

 次に、職歴と職歴のブランクを調査するのも探偵社ならでは。
 半年以上のブランクがある場合は、「そんなに働かないでいったい何をしていたのか《とかんぐるわけだ。 仮に退職した会社の順番をA社→B社とすると、A社を辞めたあと、何をする予定だったのか、B社何をしていたのかを調べる。
 履歴書を書くとき、1年未満はかっこ悪いからと書かない人もいるが、採用者から見れば、円満退社した会社よりも、続かなかった会社の退職理由を知りたいわけで、特に念入りに調べたがるから、なるべく正直に書いた方が無難である。

愛知県の探偵社岐阜県の興信所三重県の探偵事務所静岡県の調査会社 トップページに戻る